最新記事

March 10, 2018

子供に勉強を教えていることを

先生が遊んでるみたいに楽しいって思っていれば

その気持ちがそのまま伝わって

子供は勉強が楽しいっていいますよ!

反対に、親や先生が

子供に勝手な期待を押し付けて

「あなたのためだ」とかいう嘘をついて

※本当は自分のためなのに

子供に勉強を強い

目標を強いていたら

そりゃあ勉強が好きにはなりませんよ。

勉強が好きにならないというより

そんなふうに人から勝手に押し付けられた期待を生きることが楽しくないの。

子供に勉強を好きになってほしかったら

まず親や先生が勉強を好きにならないとね。

いや、もっと簡単なのは

子供を好きになればいい。

子供が...

May 17, 2017

【自分の問いに答える】

クラスメートの名前を覚えるのに
写真と名前を照らし合わせて
丸暗記なんてする必要はなく

まずは隣の席になった子に話かけてみて
その人の好きなこと
その人の生い立ち
その人の話したいことを聞いてみればいい。

それから
今度は前後ろの子と話してみる。
仲良くなれるかわからないけど
挨拶したり
質問してみたり
あなたを知りたいって意志を示すだけでいい。

相手のことを知り始めたら
名前なんて覚えようとしなくても
自然と体の中に入ってくる。

隣からまた隣へ
友だちからまた友達へ

点と点が線になり
線と線が平面になり
平面と平面が立...

May 3, 2017

勉強を教える上で大切な三つのこと

①待つ

 自分は既にできていることであっても、子供にとっては初めて。「さっき教えたよね?なんでわからないの?」っていうイライラとの戦い。

 このイライラは、こちらが自分の経験を基に予め想定したスピード感と、教えている子が進むことのできるスピードのギャップから生まれる。実際に自分が理解するのにかかった時間と同じ時間だけ待ってあげることだけでも難しい。なぜなら、自分がこれから覚えようとする時と、既にわかっていて、その過程を人が辿るのを待つ過程とでは時間間隔が全く違う。

 おそらく、自分と同じくらいのスピードで進...

April 29, 2017

「やりたいことが見つからない」とか

「これはやりたいことじゃなかった」とか言っている人は、

「めんどくさいこと」から逃げていることが多い。

「めんどくさいこと」は、

「やらねばならないこと」で「やるべきこと」だ。

そして何より今の自分でも「できること」だ。

「やりたいことじゃない」からといって、

「めんどくさいこと」から逃げるというのは、

今の自分にできることをやらないで、

今の自分には手が付けられないことに拘り過ぎている。

だからどこからどう手を付けていいかがわからないという状態。

それで「やりたいことが見つからない」という話になる。

夢はいつでも

今の自...

April 13, 2017

「早く勉強しなさい」という指示は、相手がその場で、「できる」ことの指摘でしかない。

その場合、相手からすると、
「言われなくてもやらなきゃいけないことぐらいわかってますよ。」
「なぜ、そんなこと言われなくちゃいけない?」
「あなたに言われなくてもやりますよ。」
「せっかくやる気になっていたのに。」
という気持ちを引き起こしてしまう。

それは、「できないこと=困難なこと=継続すること」を「できる」ようにするための支援ではなく、「できるはずのこと=簡単なこと」すらあなたはできないと、単に子供を責めているだけだからだ。

何の支援もなく、ただ侮辱...

April 3, 2017

手に入れたい未来がある。

それを手に入れるために必要なのは継続的な努力しかない。

小さな一歩の積み重ね。

だけど、意志の力は弱い。

自分がサボって誰かが死ぬのならともかく

やるべきことをやらなくても

自分だけが困ることなら、

いくらでもなかったことにできる。

だからといって

自分の課題に対し

他人から口を出されるのは違う。

勉強ができようができまいが

困るのは自分だけ。

そういう状況下でも頑張れる人は

結果的に自分だけではなくたくさんの人を助けることができる。

誰だって初めは自分の力だけでは歩けない。

いや、どれだけ意志が強く見える人でも

決して自分だけの力で

何かを...

March 30, 2017

できていないところ

自分の至らないところを教えてくれる人はたくさんいます。

また、思ってもいないお世辞を言ってご機嫌とりをしてくる人もたくさんいます。

でも、

「君はこういうところがよくできているね」

「あなたのこういうところはとても素敵だと思う」

「あなたのこういうところが好きだよ」

と正面から伝えてくれる人は少ないです。

幼い頃は、子供にとって親の言うことは絶対的な意味を持っています。

その時に、自分のできていないことを毎日教えられて育てば、

子供は自分がダメな子なんだと思い込みます。

できていることを教えられて育てば

自分は世の中の役に立てる人間なん...

March 30, 2017

ことばこ雰囲気は学習塾というよりも勉強部です。

みんなが各々の課題に対して真剣に向き合う。

仲間と共に切磋琢磨するから

自分だけでは成しえないことを成すことができる。

ことばこの先生はコーチに近い存在です。

子供のやる気を引き出し

辛い時は寄り添い

ビジョンを示し

わからないところは教えてあげる。

しかし主役は生徒。

勉強を通して仲間と共に

勉強よりも大切なことを学んでいく。

だから塾というより勉強部。

みんなで本気になって

自分の限界に挑戦するための場所。

Please reload

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Call Us: 052-753-3056   /   oretachihadekiru@gmail.com   /   名古屋市千種区末盛通1-23都築ビル5階

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus