Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

勉強を教える上で大切な三つのこと

May 3, 2017

勉強を教える上で大切な三つのこと

 

①待つ

 

 自分は既にできていることであっても、子供にとっては初めて。「さっき教えたよね?なんでわからないの?」っていうイライラとの戦い。

 

 このイライラは、こちらが自分の経験を基に予め想定したスピード感と、教えている子が進むことのできるスピードのギャップから生まれる。実際に自分が理解するのにかかった時間と同じ時間だけ待ってあげることだけでも難しい。なぜなら、自分がこれから覚えようとする時と、既にわかっていて、その過程を人が辿るのを待つ過程とでは時間間隔が全く違う。

 

 おそらく、自分と同じくらいのスピードで進んでいける生徒を教えるにしても、自分が習得する時にかかった時間感覚と、生徒ができるようになるまで時間感覚を比べても、1:10くらいの違いがある。

 

 まして、自分がすいすいとできてしまった人にとって、なかなか理解が進まない子を待つのは、もはや至難のわざ。これはもうプロの技が必要。待つという鍛練。理想と現実のギャップを小さくする訓練を日々積んでいる人でなければ平常心を保てない。一般の人にとっては、これはもう修行の領域になるのかもしれない。

 

 ただし、この修行から得られる成果はとても大きい。なぜなら、人の成長を待てる力は自分の成長を待てる力と等しいから。人を待てる分だけ、自分のことも待ってあげられるようになる。

 

 若い先生ほど、回転が速い分、この待ち時間耐えることは難しいかもしれない。大学生が教えている個別指導塾等、想像するだけ恐ろしい。親御さんがつきっきりで教えている家庭は、更に恐ろしい(笑)。

 

 そんなこともあって、ことばこでは、圧倒的に演習時間を多くするスタイルをとっている。1を教えてもて、その知識を完全に自分のものにするまでは、教える時間の10倍以上の時間がかかる。それなのに、どんどん教える授業を進めていっても意味がないからだ。

 

②信じる

 待てども待てども進まない。そんな時は、「もしかしてこの子は、どこまで頑張ってもできないんじゃないか」と不安も出てくる。そして、子供を導いてあげられない自分自身に対する焦りも。この責任(←実際に追求される)に耐えうるだけの信念は、やはり経験から来るのだろう。

 

 信じてもらえた経験。信じて盛らなかった経験。人を信じ切れた経験。信じきれずに後悔した経験。成功と失敗、どちらかではなく、両方の経験があってこそ、人は前に進むことができる。失敗はいい。でもそこから学べねば意味がない。

 

 失敗からの学びの共有ということが、教師を含め、ありとあらゆる集団の中で不足しているように思う。「今週私はこんなチャレンジをした結果、こんな失敗をしました。」人の振り返りを聞くことで、自分の失敗の捉え方も変わってくると思う。

 

 結論は、初めから決まっている。どこまで人の可能性を信じ切れるか。これが大切なことは動かない。

 

 もちろん、人によって合う方法、合わない方法がある。自分が成功したやり方で、その人が必ずできる、と信じ切るのは危険。相手に会わない方法を押し付けることになりかねない。

 

 だから、相手が必ず成長できることを疑わず、支援する側がそこまでも工夫を凝らしていくこと大切になる。信じ切る。しかし、やり方は工夫する。この繰り返し。変化しない、やり方を変えないことは後退に等しい。

 

③見守る

 成長を待つ、成長を信じると言って、その過程を見ない人がいる。

 

 それでは、絶対に人は育たない。

 

 どれだけ自立している人でも、決して自分だけで何かを成し遂げられるわけではない。

 

 むしろ、自立というのは、人の力をうまく借りられるということだ。

 

 人の成長には、必ず他者の目が必要だ。自分の現在地、成長した先、その過程を信じて見て待ってくれる人がいるからこそ、人は強くなれる。誰も自分の成長に関心を持ってくれないところで頑張り続けられる人なんていない。

 

 イチローや本田が、頑張れるのは、それだけ人の目に晒されているからで、いや、人の目を自分の成長の糧に使うことがうまいからだ。

 

 誰かの成長に関わりたいのであれば、その人が自分で自分のことが理解できるように鏡になってあげることが大切だ。いつでもどんな時でも、余計な口を出さずに、見守ってくれる鏡。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Call Us: 052-753-3056   /   oretachihadekiru@gmail.com   /   名古屋市千種区末盛通1-23都築ビル5階

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus