Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

「めんどくさい」というサイン

April 29, 2017

 

 

「やりたいことが見つからない」とか

「これはやりたいことじゃなかった」とか言っている人は、

「めんどくさいこと」から逃げていることが多い。

 

「めんどくさいこと」は、

「やらねばならないこと」で「やるべきこと」だ。

そして何より今の自分でも「できること」だ。

 

「やりたいことじゃない」からといって、

「めんどくさいこと」から逃げるというのは、

今の自分にできることをやらないで、

今の自分には手が付けられないことに拘り過ぎている。

だからどこからどう手を付けていいかがわからないという状態。

それで「やりたいことが見つからない」という話になる。

 

夢はいつでも

今の自分にできることのずっとずっと先でしかない。

先だから夢。

そこに辿りつくために「今」できることって何?

 

そう頭で考えると道のりが遠すぎて、

目の前のこのつまらない課題がどうそこにつながっているのか

経験値が少ない状態ではなかなかイメージがつかない。

 

しかし、頭で考えなくても実は僕らは最短ルートを知っている。

 

それが「めんどくさい」というサイン。

 

あっこれ「めんどくさいな」って思ったら

それが自分の思い描く未来に対して

今の自分にできることのサインだ。

 

そのサインを見逃さずにせっせとナビに従っていけば

確実に自分の望む世界がやってくる。

 

過去を悔いたり先の心配や算段ということに囚われず

目の前の課題に集中できるようになれば

そのからくりはだんだんはっきりと見えてくる。

 

ただ子供にはそれがなかなかわからないから

それをきちんと理解させてあげるのが

教育の最も大きな役割の一つとなる。

 

そこを蔑ろにした夢や理想は儚い。

できることに集中できる者は強い。

 

遅くても早くても

そこに気が付いた時がスタートライン。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Call Us: 052-753-3056   /   oretachihadekiru@gmail.com   /   名古屋市千種区末盛通1-23都築ビル5階

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus