top of page
  • 執筆者の写真kotobako

小6の夏

小学6年生の1日のタスク 例


中1 英語 本文テスト


本文暗記を少しずつ進めています。

ノーミス合格なので、写真のように「the」を忘れるだけでやり直し。


6年生のうちに、中1教科書本文は全部書けるように練習していきます。


進め方

①読めるようにする

②SVの確認

③訳せるようにする

④単語を書けるようにする

⑤文を書けるようにする


合格したら早く帰れるようにすると、張り切ってやっています。この子の場合、30~40分程度で、1ページの半分くらいずつ進めています。

できない子は、1文づつ。もっとできる子は、1ページずつなど。量は、生徒によって、調節しています。










漢字

5年生のうちに、

6年生まで3周しています。


夏休みなので、6年生漢字の総復習をやっています。






算数


今日は、割合の復習をしましたが、ばっちり覚えているようです。


明日は、百分率の復習をします。















国語


もともと国語が全くできなくてご相談を受けていたのですが、


先に、計算・漢字を徹底して、それができたら、徐々に読解もいれていきました。


難しい問題はまだできませんが、自分でも読めるものからコツコツ進めています。


✕ 難しいものを読む

〇 簡単な文章で、まず、国語で聞かれていること(出題の意図)を理解する


出題の意図がわかるようになれば、あとは、文章が読めてさえいれば、解けるようになります。


難しい文章が読めるようになるには、コツコツ演習を増やしていくのが早いです。


ただ、レベルが合っていないと、やる気を奪うだけになってしまうので、その子に合った問題集を選ぶことがっ大切です。



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page