top of page
  • 執筆者の写真kotobako

問題行動の始まりは、褒められようとすること


問題行動五段階 アドラー心理学より


第一段階 賞賛の欲求


 褒めてもらおうとすること=特権的な地位を得ることを求めた行動。

 私は、これだけやっていますよ。だから先生特別扱いしてくださいね、という態度。

 褒めてもらうことが目的なので、褒めてくれる人がいなければ適切な行動をとらない。

 罰を与える人いなければ不適切な行動をとる可能性がある。


 先生に褒めてもらうためにゴミを拾うのと、教室をきれいにしたいからごみを拾うのとでは、まったく違う話。



第二段階 注目喚起


 褒められる競争では勝てないと自覚

→褒められなくてもいいから、とにかく目立ってやろう

 ヒョウキンなことなどをして、特別な存在になろうとする。

 無視されることより叱られることを望む


第三段階 権力争い


 第二段階までで、何かしらの地位を得られなかった場合

 

 積極的な子は、反抗、挑発、暴れる、非行に走る

 消極的な子は、不従順、無視を決め込む。

 

 →特別な私になるために力を証明しようとする 

 →対処法 同じ土俵に乗ってはいけない 


第四段階 復讐


「もっと私を尊重してほしい」

何をしてもそれが叶えられない

力で制圧される→憎しみを求め始める


愛がダメならせめて憎しみでもいいから私に注目しほしい


例 ストーカー 自傷行為 引きこもり 犯罪 不潔 グロテスクな趣味

→「こんな自分になってしまったのはおまえのせいだ」という訴え

 =助けを求めているとも言える


第五段階 無能の証明


絶望を経験しないためにすべてを諦めようとする

→それでも助けようとして介入される。やればできると期待される。

→自分は無能で何もできないということを証明しようとする

→周囲が手助けしようとすればするほど、より極端な方法で無能を証明しようとする

例 精神疾患を疑われるようになる





閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page