top of page
  • 執筆者の写真kotobako

上位で入る高校と、下位で入る高校、どちらが得なのか?

【上位で入る高校】


メリット


①授業のレベルが自分に合っている。

 高校の授業は、上位の子しか理解できないスピードで進みます。

②モチベーションが保ちやすい。

 多くの生徒は、自分が上位集団にいる時の方がモチベーションを保ちやすい。

③評定がよくなる。

④指定校が取りやすい。

⑤一般受験する際、不必要になった科目の単位を簡単に取得することができる。

 成績上位でいられる学校であれば、授業を聞いているだけでも、テストで赤点になるようなことはなく、簡単に単位取得できます。


デメリット


①高校のネームバリューが落ちる(世間体の問題)

②周囲の競争力が落ちる。難関大学を目指すのであれば、塾などに通わないと、今の自分のレベルが把握できない。

※基準を教えてくれる人がいれば、問題ありません。


【下位で入る高校】


メリット


①高校のネームバリューが上がる(見栄の問題)

②周囲の競争力が上がる。自然と、難関大学を目指したペースで勉強することになる。


デメリット ①授業のレベルが高く、早すぎる。

②モチベーションが保ちにくい。

③評定が悪くなる。

④指定校が取りにくい。

⑤一般受験する際、不必要になった科目の単位を取得するのに苦労する。

※例 受験に数学を使わないのに、卒業するためには、数学の単位をとらなければいけない。上位の学校であれば、赤点の基準も高い。ある生徒は、勉強時間の半分以上を数学にとられるにも関わらず、数学は受験に使わなかった。 一番気を付けないといけないのは、

点数の割に、内申点の高い生徒。 こういう生徒は、内申点ではなく、点数のレベルに合わせた学校を選ぶべき。

そうしないと、高校で地獄を見ることになります。


反対に、内申点はないけど、点数をとれる生徒。

こういう生徒は、ぎりぎりでも難関校にチャレンジするべき。

内申点に合わせた学校へ行くと、周囲の生徒とのレベルが合わず、充実した高校生活を送れなくなる可能性もあります。


結論、どちらにせよ。


高校入試(進学校の場合)は、偏差値に合わせて選ぶべきで、内申点が高いからといって、ワンランク上の高校に進学しないことをお勧めします。




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page